気になるネタをパンチを打ち込むかのごとく、日々記録していきます

あうら真輝の本名は?元宝塚ジェンヌが同性愛婚!結婚相手の写真も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
auramaki
sponsored link

元宝塚歌劇団の花組で男役だったあうら真輝さん。

 

本名は東小雪(あずまこゆき)さんで、
レズビアン(同性愛者)として初めて
東京ディズニーリゾートで挙式をしたことが
世界中でニュースとなりました。

 

あうらさんのパートナーとなった女性や、
宝塚歌劇団時代など色々調べてみましたよ(・∀・)

 

やはり知られざる苦悩があったんですね。

sponsored link

あうら真輝の宝塚歌劇団時代。入団の動機と苦悩

高校を卒業してから91期生として
宝塚音楽学校に入学したあうらさん。

 

入団動機は、女性だけの組織である宝塚には
「私と同じ人がいるかもしれない」
という思いもあったそうです。

 

目指した当時は高校生ですから、
自分だけ変わっているのかも知れないという孤独感は
相当だったでしょうね。

 

宝塚歌劇団に入団した後は、
花組の男役として舞台に立ちます。

 

しかし、浴室に髪が一本あるだけでも寝ることが許されない
厳しい上下関係や、多忙からくる短い睡眠時間などで
心身の疲労は大変なものだったとのこと。

 

自分が上級生になった時に後輩に同じように叱っていた時は
不思議な高揚感のような気持ちがあったそうです。
気持ちのはけ口としてしまったんでしょうね(´・ω・`)

 

心身共に疲れ果て、健康上の理由で宝塚は研究科の2年の時に
退団してしまったあうらさん。

 

宝塚歌劇団にいる自分というのが心の寄りどころだったので、
退団後は生きていく気力がなかったとか。

 

睡眠剤を容量よりも多く飲み、
病院で目を覚ましたことも何回もあったそうです。

 

ちなみに、宝塚在籍当時はレズビアンであることを
家族や同期、周りの関係者など誰にも話してはいなかったようですね。

 

当時のトップスターの真琴つばささんが好きだという
気持ちはあったそうですが、「あの人のようになりたい」
と目標のように話す程度だったとか。

(カミングアウトしたのは2010年秋で、
宝塚出身であることと同性愛者であることをツイッター上で発表。)

運命の結婚相手に出会う

あうら真輝のパートナー!結婚相手の写真

お相手は増原裕子さん。イベント活動で出会い、
あうらさんがピンッときて一目惚れしたそうです。

 

そこから付き合いを初めゴールイン!
結婚式を東京ディズニーランドで挙げています。

 

あうらさん、素敵なパートナーと巡り合い、
生きる希望を見つけられて本当に良かったですね(`;ω;´)

宝塚にはやはりレズビアンは多いの?

こういったニュース記事を読んでいると必ず
「宝塚ってレズビアンが多いのかな?」と興味(疑問?)
を持つ方も少なからずいるでしょう。

 

確かに女性のみの集団ですので
レズビアンの人も一定数いるのかもしれません。

 

元々は普通に異性が好きだったけど、
男子校に入ってから同性が好きになったという
知り合いの話もあるので、環境でそうなる場合もあるでしょうしね。

 

あうらさん自身の答えは
「もしそうだとして、だから何か問題?」と答えています。

 

日本はもちろん世界でも同性愛者に対する理解は
進んでいるとは言え、まだまだこれから時間を
かけていく必要があるでしょうね。

 

東小雪さんの詳しいプロフィール、結婚式の写真と馴れ初めなどはこちら

結婚相手の増原裕子さんの記事はこちら

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。