気になるネタをパンチを打ち込むかのごとく、日々記録していきます

海外旅行先でやってはいけない!マナー違反となるタブー行為とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
海外でやってはいけないマナー
sponsored link

海外でやってはいけない行為、
マナー違反ってどんなものがあるんでしょうか?

 

日本国内でも地域によって習慣や文化も違いますから、
海外にはもっと驚く文化や習慣がある事を知っておいて、
相手を不快な思いにさせないようにしたいですね!

 

自分たちも楽しい旅行となるように事前にチェックしておきましょー(・∀・)

 

それでは早速参ります!

 

ええっ!こんな事が失礼になっちゃうの?

と驚く事がたくさんですよーw

sponsored link

観光地・ビーチで気をつけること

海外のビーチでのマナー

■ビーチではビール、酒を飲んではいけない国がありますので気をつけましょう。
綺麗な海を見ながらバカンス気分でグイッと一杯行きたいとこですけどね^^;

 

■ゴミのポイ捨ては日本でもダメですがやめましょう。
シンガポールなんかは綺麗な街づくり目指していますので規律が厳しく、
ガムを持っていることすらダメで罰金刑だそうですw

 

■レストランで勝手に席に座るのはNGです。
セルフサービスの店以外は店員が来るまで待っていましょう。
スープの音を立てて食べるのもマナー違反となります。

 

■高級レストランではマナー違反となるため、
子どもの同伴がNGな店もあります。

 

■ホテル内だからと言って、バスローブなどでうろつくのは厳禁です。
日本の旅館とは違うと心得ましょう。

 

■高級ブランド店でのショッピングでは、
違うブランドの袋を持って入るのはNGとされています。

日常生活でのタブー行為

■頭を撫でることがタブーである国もあります。
頭が神聖な場所であるとしているインド、タイ、ネパール、インドネシア
などの国では気をつけましょう。

 

■ポケットに手を入れて歩くのはマナーが悪い人と思われます。

 

■入っているか確認する為にトイレのドアをノックするのはやめましょう。
欧米では「早く出て来い!」という意味となり、
催促してしまっている事になるので失礼になります。(空いているかの確認はドアノブをひねる)

 

■タバコを吸う人は気をつけて欲しいのですが、
「SMOKE FREE」は「禁煙」という意味なのでそこで吸ってはいけません。
ついついFREEという字が大丈夫そうな印象を与えますが、
ひっかけ問題だとして覚えておきましょう^^

 

■あまり親しくない方に年齢や血液型を聞くのは失礼となります。
日本では日常会話の糸口的な意味でも、
相手にとってはプライベートな事を聞かれたと不愉快になる場合があります。

 

いかがでしたでしょうか?

 

まだまだNGな行為は他にも多くありますので、
海外旅行に行かれる際はその国のルールを事前にチェックしてから旅を楽しみましょうねー♪

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。