気になるネタをパンチを打ち込むかのごとく、日々記録していきます

三口智也イケメン自衛隊のwikiと経歴!結婚して子どももいる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sponsored link

10種競技とかだと聞いたことはあるけど、
近代五種なんて競技があるという事を
初めて知った方も多いのではないでしょうか?

 

近代五種はフェンシング、馬術、水泳、射撃、ランニングと、
性質の異なる競技を一人で行います。

 

その近代五種で、オリンピック男子日本代表に選ばれた
三口智也さんがなかなかの男前です!

sponsored link

三口智也のwiki風プロフィール

三口智也のプロフィール画像

誕生日:1986年4月26日
出身:和歌山県
身長:180cm
体重:66kg
学歴:和歌山北高校
所属:自衛隊体育学校

ハーフ?と思えるほど顔立ちがハッキリしている
イケメンさんですね。

 

三口さんは元々3歳の頃から水泳を習い始めていて、
小学生に上がってからは本格的にスイミングスクールで
練習を始めます。

 

しかし、中学、高校では水泳でトップを取るほどの成績を残せずにいた所、
高校2年生の時に「近代五種でオリンピックを目指そう」と、
自衛隊体育学校のスカウトから誘いを受けます。

 

当時はオリンピックという言葉に魅力を感じながらも即決はせず、
むしろ、悔いがないくらい頑張って全国大会で決勝に残れれば、
大学に行っても水泳を続けようと思っていたそうです。

 

しかし、ファイナリストに残ることはできず、
自衛隊に入ってオリンピックを目指す道を決めます。

 

日本の水泳って世界でもトップクラスですし、
競技レベルがかなり高いですからね。

 

でも、それで今ではオリンピック代表になれているのですから、
結果としては良かったのかもしれませんな!

 

自衛隊に入ってからはランニング、フェンシングの練習に苦しみますが、
それでも鍛錬を積み重ね、競技開始3年目で全日本選手権4位に入ります。

 

国際大会にも出場できるほど実力を伸ばし、
4年目には初めて全日本王者に!

 

そして、リオオリンピックの予選を兼ねた
アジア・オセアニア選手権で9位に入ってオリンピック出場を決めます。

 

アジア勢の上位5人がオリンピックの切符を得ることができますが、
上位8位までに韓国の選手4人と中国の選手3人が入り、
出場権獲得は一カ国の地域最大二人までという事で、
繰り上がりでチャンスを掴んだという事になります。

 

アジア・オセアニアは韓国と中国が強いんですね!

 

調べてみたところ、これまで日本代表選手が近代五種での
メダルの獲得はまだのようです。

 

ぜひメダル第一号になってくださいー!

三口智也さんは結婚して子どもいます。

三口さんは既婚者で、子どもちゃんもいます。

 

奥さんはほぼほぼ一般人女性であると思いますので、
写真などはありませんでしたが、
赤ちゃん(息子)と写っている写真がありました。

三口智也と息子ちゃん

息子ちゃん、可愛い!

 

数年前の写真なので、今はもっと大きくなっているでしょう。

 

愛する奥さんと息子の為に、
頑張るお父さんの姿を見せてくださいね!

 

オリンピック応援していますよー!

関連記事:近代五種女子日本代表の朝長なつ美の記事はこちら

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。