気になるネタをパンチを打ち込むかのごとく、日々記録していきます

仲井優希がぱいぱいでか美の本名!熱愛彼氏は?出身と芸名の由来

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仲井優希(ぱいぱいでか美)
sponsored link

ぱいぱいでか美というインパクトある芸名で活動している
仲井優希(なかいゆき)さん。

 

有吉反省会に本名出演で話題になっています!

 

一度聞いたら忘れないですよねこの名前は。
(もちろん芸名のほうですよ?w)。
シンプルながらも破壊力抜群のお名前ですw

 

人気急上昇中の仲井さんについて、
芸名の由来とプロフィールなどなど調べてみましたよ-!

sponsored link

仲井優希(ぱいぱいでか美)のwiki風プロフィール

仲井優希のプロフィール画像

芸名:ぱいぱいでか美
本名:仲井優希(なかいゆき)
誕生日:1991年5月3日
血液型:O型
出身:三重県
胸のカップサイズ:Fカップ
出身:三重県
学歴:三重県にある進学校
ぱいぱいでか美オフィシャルサイト:http://paipaidekami.web.fc2.com/
アメブロ「NICE MUSIC MUST PURE」:http://ameblo.jp/paipaidekami/
ツイッターアカウント:https://twitter.com/paipaidekami

歌って踊れるバンドウーマンというキャッチフレーズで活動中の仲井さん。

 

「名乗るほどでかくないがそこそこでかい」と
プロフィール文に書いていますが、

 

Fカップなら十分でかいですよね^^;

 

音楽の専門学校に進学後、
同じキャンパス内にある大学のサークルに入り、
She might be swimmer」というバンドを組みます。

 

しかし、2年ほどでバンドは解散。

 

理由は一緒のメンバーがパチンコにハマってしまったからだそうでw

 

それからはソロで活動し、ライブハウスで歌うだけでなく、
DJや司会もこなすんだとか(`・ω・´)

 

ちなみに、ももち(Berryz工房の嗣永桃子)が推しメンだそうです!

 

中学は三重の田舎。

 

腐女子かギャルになるしかない風潮で(どんなんだよって感じですがw)、
モーニング娘。を聞く奴はダサいという空気だったとか。

 

なので、ホントはハロプロとか大好きだったけど、
10-FEET、太陽族、ハイスタ、UVERworld、ELLEGARDEN、
BUMP OF CHICKEN
などのバンドを聞くようになったそうです。
原点はここにもあったのかもしれませんね^^

 

元々バンドマンは嫌なやつが多いと思っていて、
先輩がパチンコを理由に抜けてそれが更に強まったようですが、
インタビューではバンドの話もよくするので、実はもう一度バンドを組みたかったりして(・∀・)

ぱいぱいでか美の芸名の由来は?

バンドを組んでいたメンバーから
お前はぱいぱいでか美だ!」と言われて、
それで決まったそうです(爆)

 

本名のユキでいこうかなと思っていたそうですが、
ホームページに既にぱいぱいでか美とアップされてたので
まっ、いっか」となったとなwウケますね(。^ω^)ノ

 

その名前のインパクトからかツイッターのフォロワーも多く、
デビュー前にも関わらずあのつんく♂さんからもフォローされてたとのこと!

シングルとアルバムもリリース

大森靖子さんとプライベートでも交流があり、
その大森さんプロデュースでシングル曲「PAINPU」をリリースしています。

 

更にアルバムの「レッツドリーム小学校」もリリース!

 

楽曲提供者には、藤井洋平、澤部渡、マイネームイズうがい(どついたるねん)、
植野隆司、川本真琴
など豪華な方々!

 

でか美さんが歌っている動画もありますので、こちらも一度聞いてみてください。

このなんとも言えない歌唱力も人気の秘密なんだとか(・∀・)

熱愛彼氏の噂は?高野京介と交際?

ネット上で噂になっていたのはギタリストの高野京介

ぱいぱいでか美の彼氏はギタリストの高野京介?

この写真の真ん中(左から2番目)が高野さん。

 

ゲームBGMが大好きで、「うみのて」「ゲスバンド」
「大森靖子&Theピンクトカレフ」など、色んなバンドでギターをひいてます。

 

もしかしたら大森靖子さんつながりで
付き合っている可能性もありますが、あくまで噂だけのようです。

 

現在はまだバイトをしながらの活動なので、
早くバイトを辞めて音楽だけで食べていけるようになりたいと語っていました。

 

人生もたわわに実るように頑張ってほしいですね(`・ω・´)

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。