気になるネタをパンチを打ち込むかのごとく、日々記録していきます

お盆玉の相場金額はいくら?ポチ袋もある?発祥の地域についても!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sponsored link

誰がこんなの考えたんじゃい!
と思わず怒っちゃう親もいるでしょうか?笑

 

正月にはお年玉を子どもたちにあげるのが
日本の風習になっていますが、
近年、正月だけでなくお盆にも小遣いをあげる家庭が増えているとか。

 

その名もお盆玉です。

 

いわゆるお年玉のお盆版ですね。

 

気になる子供たちへあげる金額の相場や
発祥などについて書いていきますよー!

sponsored link

お盆玉の起源は?発祥地域は山形県!

始まりは古く、なんと江戸時代からあったそう。

 

と言っても、全国的な慣習ではなく山形県の一部地域のみで、
夏に奉公人に衣類や下駄などを渡す風習が、
昭和に入ってすぐ頃に、子どもに小遣いをあげるようなったという説があります。

 

祝儀袋を販売するメーカーなどもありますが、
時期になると郵便局でもお盆玉袋(ポチ袋)を
用意している所もありますね。

 

郵便局側は、「手紙や贈り物が人と人をつなぐのと同じように、
お盆玉袋にもそういうキッカケになれば」という考えで
お盆玉袋の販売を決めたと話しています。

 

確かに、正月には会えないけどお盆での帰省で家族が集まった時に
孫にあげたいというお爺ちゃんおばあちゃんもいます。

 

まー表向きはこういうハートフルな感じだと好印象ですが、
実際は企業の販促的な意味合いも強いでしょうね。
バレンタインにはチョコレート!となったのが
企業側の戦略であるように。

 

祝儀袋のメーカーは単純にお年玉袋販売での売上げアップ。
郵便局側はお盆玉のお金はゆうちょに預けましょう!
といったところでしょうか。

 

このお盆玉の登場を受けて、ネットの反応は

 

コレは流行るかもしれない(白目)
やめろ、甥っ子姪っ子何人いると思ってるんだ。
いや、もうそういうのいいんで。
帰省するだけでお金がかかるのに…。

 

と、やはりあまり歓迎ムードではないようですw

お盆玉で子どもにあげる金額の相場は?

そもそもお盆玉はあげるのか?という声もありますw

 

まーそれは家庭によって様々ですので、
親戚同士で話をして決めるとか、
「家はお年玉だけでお盆玉はあげないよ」とハッキリ言うのも
アリでしょう。

 

お盆玉って何?と知らぬ存ぜぬを決め込むの良いかもしれません(笑)

 

では、もしあげるとなった場合の
金額の相場はいくらぐらいなのでしょうか。

 

これも家庭によって様々ですが、
基本的にお年玉と同じか、お年玉より少し少ないとしている家庭が
多いようです。

 

小学生であれば1,000円から3,000円。
中学生は1,000円から5,000円。
高校生は5,000円~

 

ぐらいですね。

お盆玉のポチ袋が販売していない時は?

お盆玉用のポチ袋は郵便局や雑貨店などで
購入することができます。

お盆玉袋

コンビニやイオンなどのショッピングセンターでも
取り扱っている店舗はありますね。

 

もし近くでお盆玉専用ポチ袋がない場合は
通年使えるようなデザインのものや
キャラクターもののぽち袋でもOKです。

お盆玉用のポチ袋

 

現時点では、まだまだ認知度も高くないお盆玉。
これから夏の新習慣となっていくでしょうか。

 

個人的にはまーあの、その、
流行ってほしくないかな?笑

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。