気になるネタをパンチを打ち込むかのごとく、日々記録していきます

金持ちと結婚する会の会員メンバーが腹黒すぎ!入会基準は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
金持ちと結婚する会
sponsored link

あの加藤茶の妻の綾菜さんも入会していたと言われる
金持ちと結婚する会。

 

めちゃくちゃどストレートな会の名前ですねw

 

一体その会はどんなメンバーが集まって
どんな婚活が行われているのか?

 

気になったのでアレコレ調べてみましたよー(・∀・)

sponsored link

金持ちと結婚する会とは?

お金持ちと結婚する会

元々は、若い女性が支援をしてくれるタニマチと出会うための会。

 

お金を持っている男性側は若い女性と出会えるという
お互いの求めるものが一致しているので、
数十年前から自然と出来上がったものだとか。

 

それがタニマチ探しだけでなく、結婚相手を探す場ともなり
お金持ちと結婚する会という名前がつくようになったそうです。

 

ある一つの特定の団体があるというわけではなく、
いくつかこういう会があるとのこと。

 

こうなってくると、普通の婚活の会じゃん!と思いますが、
後述するように、参加できるのに条件があります。

 

集まりは大体オシャレなお店での食事会がメイン。

参加できるのは業界関係者だけ

必ずしも芸能界に入っていなければならないというわけではないですが、
参加しているメンバーはモデルや読者モデル・アイドルなど
そういう業界で一度は仕事がしたことがあるか、
現在もその仕事をしている女性が多いようです。

 

20代・30代の若い女性ばかりかと思いきや、
50代の女性が参加する会もあるんだとか!

 

なぜに50代の女性まで?と思いましたが、
その年代の方たちは、バブル世代の味を知っているので、
旦那の収入が減ってきた焦りなどから、新たな金源を求めてくるんだそうです。

 

50代かー。個人的には年上がタイプですが、
ちょっと年上過ぎるかな。

 

でも、50代のアラフィフでも大地真央さんとか高島礼子さんとか
南野陽子さん・沢口靖子さんぐらいの美人女優さんレベルが来たら
超ドキドキしちゃいそうです(・∀・)w

会員女性が野心溢れすぎw

先に上げたように年齢は関係なく、また既婚か未婚かも関係なしに
自分の生活のレベルを上げてくれる男性を求める女性が集まります。

 

貯金をして経済的に安心したいというよりは、

 

いい服を着て、良いバッグを買って、オシャレなレストランで食事をして…

 

など、とにかく人より上の立場に立って
羨ましがられたいんだとかw

 

しかも驚きなのが、大学入学から努力?しているところ。

 

東京都内の有名私大を受験して、合格したら何と整形までするんだとか!

 

それから可愛い新入生を特集する新入生スナップに載るように頑張り、
そこから読者モデルなど業界へと繋がるようにするとのこと。

 

そして多少性格が合わない子でも、可愛い子とは友達になるそうです。

 

その理由は、美人でオシャレな友達がいることで自身の価値も上がるし、
彼氏や旦那に「周りも可愛い子ばかりだね」
気持ちのいい思いをさせてあげられるからw

 

また、相手を蹴落とすような事をすると煙たがられて
段々呼ばれなくなるので、ライバル同士ではあるものの
皆表では仲良い感じで振舞っているそうです。

 

裏では陰口を言ってることもしょっちゅうだそうですがw

 

なんか凄いですよね(;゚Д゚)

 

お金持ちの男性を捕まえて私生活を充実させるという夢・目標があり、
その為の努力をしているというのは悪いことではないのかもしれませんが、
なんでしょう、この違和感は^^;

考え方も独特

「A子ちゃんがお金を使ってくれるほど、
仕事にもやる気が出ると言ってくれる。
だから私は良いことしてるんだなって思ってます。」

 

と語ったり、

 

「お金を使って一流のものに触れなければ成長も何もないでしょう」

 

と言い切る現会員の女性。

 

お金は全部自分が持つという男性にしか
好きという感情も出てこないんだとか^^;

 

多い時で30人ぐらいの男性と並行して付き合っていたそうですが、
管理が大変すぎるので、20人前後が良いとも話していました。

 

どっちにしても多すぎやがな(`・ω・´)w

 

まーお互いが求める条件を満たしている男性と女性同士(M男とS女?笑)
がくっついているので良いと思いますが。

 

この金持ちと結婚する会の会員さんの話を読んでて、
「より人の上に立ちたいっていう他人との比較」
自分の夢があるのには違和感を感じますね。

 

そうなるとキリがなくて終わりがないでしょうに。

 

まーでも人はそれぞれ自分が正しいって思うものですし、
色んな考え方があって良いと思いますけど。

 

ただ、自分の彼女にはこの会には参加してほしくないなー
と思いました(;^ω^)

それでは、こんなところでー!

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。