気になるネタをパンチを打ち込むかのごとく、日々記録していきます

早見沙織の歌唱力がヤバい!出身大学は?熱愛彼氏と結婚も?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sponsored link

今の時代、声優さんと言えば声だけでなく
歌も上手い人が多くなっていますよね。

 

アニメファンが選ぶ歌が上手いと思う声優ランキングなるものが
発表されていまして、その第一位は水樹奈々さんでした。

 

水樹奈々さん、確かに歌は上手ですし、
ルックスも可愛いですよね!知名度も抜群だと思います。

 

今回注目したのは2位にランクインした早見沙織さん!

 

本当に歌が上手いのか?彼氏はいる?など
気になるアレコレお届けしますよー!

sponsored link

早見沙織のプロフィール

早見沙織のプロフィール画像

誕生日:1991年5月29日
出身:東京都
身長164cm
血液型:AB型
学歴:白百合学園高等学校→早稲田大学
所属:アイムエンタープライズ
オフィシャルサイト:http://whv-amusic.com/hayamisaori/

 

10歳の時に母親が洋画を見ていた影響で
吹き替えという仕事の存在を知り、声優の仕事を
意識するようになった早見さん。

 

中学生になり、声優養成所の名門校に通い始め、
後にアイムエンタープライズのオーディションに
合格します。

 

それから桃華月憚のヒロインの川壁桃花役で
アニメデビューを果たすと、現役高校生であるにも関わらず
ラジオのパーソナリティも務めながら声優として多くの仕事をこなします!

 

大学在学中も声優としての仕事だけでなく、
その歌唱力を買われて歌手としての活動も!

 

TVアニメ赤髪の白雪姫のオープニングテーマである
やさしい希望」でソロデビューを果たします。

売れっ子声優さんの一人ですね!

早見沙織は可愛くない?

早見沙織

一部の声優ファンの評価は、
「歌に全ステ割り振り」と言ってる人もいますね。

 

これは、歌に全部のステータスを割り振ったという事で、
顔はそこまでという事を暗に意味しています。

 

まー個人的には言うほどタイプではないですが、
どっちかと言うと可愛い方ではないかなと思います。

 

何か声の感じと顔のイメージが
違う感じはしてますけどね。

早見沙織が歌が上手いのは母親のおかげ?

ジャズボーカルをやっていたお母さんの影響で
早見さんも中学生の時にジャズボーカルを習い始めました。

 

お母さんもは早見さんが歌を歌っていると、
「今の所は少し音がズレてた」と教えてあげていたそうです。

 

小さい頃からお母さんからアドバイスをもらえる環境があって、
自然と歌うことに対して教育を受けられたのが、
今の早見さんの歌唱力につながっているのでしょう。

 

その透き通る、透明感のある声の中にも力強さがあり、
どんなジャンルでも気持ちよく歌が聞けると
ファンの間でもかなりの高評価でした。

 

今後、水樹奈々さんばりに売れるか、注目です。

大学時代の熱愛彼氏と結婚?

早見さんは屈指のお嬢様学校である白百合学園を卒業後、
現役で早稲田大学に合格したと言われています。

 

大学時代には軟式野球部のマネージャーを務めていたため、
彼氏はその野球部員なのでは?という噂がありました。

 

ただ、これもよく噂が上がるあるあるで、
実際にツーショットの写真があるとか
証拠になるようなものはなく、ガセである可能性が高いです。

 

他に個人名で熱愛の噂があったのは
同じ声優の杉田智和さん。

 

この杉田智和さん、結構年齢が上で
早見さんより10歳も年上です。

 

もちろん10ぐらいの歳の差であれば普通にあるとも言えますが、
本当に杉田さんなのか疑問に思ったので詳しく調べてみたところ…

 

どうやら、杉田智和さんが好きなゲームのキャラが
ラブプラスの高嶺愛花で、その声を担当しているのが早見沙織さんだったことから

 

もしかして中の人(早見沙織)と
交際しているんじゃないの?

 

と噂が出たようですね。

 

実際食事に行ったりはしたことがあるそうですが、
付き合っているということではなく、
仕事仲間としてということでしょう。

 

という事で、現在は早見さんの交際事情は謎のままですね。

 

声優さんには熱狂的なファンが多いので、
もし熱愛があったらすぐにスクープとなるでしょう。

 

ただ、今は大学を卒業してアーティストとしての活動を
始めたばかりなので、仕事第一に頑張るかと思われます。

 

上に上げたデビュー曲の動画でわかるように、
本当に歌がうまいですからね。

抜群の歌唱力を武器に、もっと売れていきますように!
応援しています。

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。