気になるネタをパンチを打ち込むかのごとく、日々記録していきます

秋山翔吾の年俸と結婚相手!子どもはいる?父親と出身高校についても

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sponsored link

西武の秋山翔吾選手が打ちに打ちまくっています!

 

今シーズンここまで(2015年6月24日現在)の打率は
なんと驚異の3割8分1厘!

 

普通は3割を超えれば一流のバッターと言われますが、
秋山選手は4割にも届く勢いですね。

 

覚醒した秋山選手の年俸や結婚した奥さん、
お父さんについてなどに迫ります!

sponsored link

秋山翔吾選手のプロフィール

秋山翔吾選手のプロフィール画像

誕生日:1988年4月16日
出身:神奈川県横須賀市
身長:183cm
体重:85kg
血液型:A型
学歴:横浜創学館高校→八戸大
2010年ドラフト3位で西武ライオンズ入り
右投げ左打ち
ポジション:外野手
年俸:6500万円

 

小学生から野球をしていた秋山選手は、
ピッチャー、キャッチャー、内野手、外野手と
あらゆるポジションを経験。

 

中学時代には野球部と並行して陸上部にも入り、
スピードを磨きます。

 

高校時代は1年生からレギュラーとなりますが、
激戦区神奈川の壁は厚く、全国大会への出場はならず。

 

ただ、秋山選手は当時から高い評価を受けていたので、
ドラフト候補とも言われていました。が、秋山選手はプロではなく
八戸大学への進学の道を選びます。

 

大学でも1年の春からレギュラーとなり、4年時には4番として活躍!
打率4割8分6厘、14打点の成績を残し、首位打者、最多打点、優秀選手賞、ベストナイン
に輝きました。

 

大学時代からどんだけ打ってるねんって感じですね(笑)

 

しかも打撃力だけでなく、50メートルを5秒9で走る俊足と、
遠投110mという強肩も併せ持っているのが凄い所なんです。

秋山翔吾選手が覚醒した理由

秋山翔吾選手が覚醒!

秋山選手が打撃で今シーズンここまで覚醒したのは、
昨シーズンの不調があったからでした(昨シーズンの打率は2割5分9厘)。

 

今年は例年よりバットを振って体力を付け、
球に対して点で捉えるよりもラインを合わせる事を意識するなど
技術的な部分でも工夫をしてきたそうです。

 

その結果、安打100本到達までは63試合で達成。
イチローの60試合、広瀬叔功の61試合に続いて史上3番目のペースで
ヒットを量産中です。

 

このペースで行けば、シーズンで236本もヒットを打てる
計算となります。

 

過去に200安打を達成したのは、イチロー、青木宣親、西岡剛、
ラミレス、マートンの5人しかいませんが、
秋山選手も十分に達成可能なペースとなっていますね!

 

これだけ成績を出しているので、
今もメジャリーグで活躍するイチロー選手の成績も
抜けるのではないかという事でも注目されています。

 

イチロー選手のオリックス時代の最高打率は3割8分7厘で、
最多安打数は210本。
(ちなみに、日本プロ野球の最多安打はマートンの214本で、
歴代最高打率はバースの3割8分9厘です。)

 

イチロー選手は私にとっても特別な存在なので、
抜いてほしくない気持ちもありますが、
新たな歴史を刻んでほしいという応援したい気持ちもあります!

 

今後もヒットを量産し続けていって欲しいですね!

秋山翔吾選手のお父さんについて

小さい頃から秋山選手に野球を教えていた
秋山選手のお父さん。

 

息子をプロ野球選手にしたいという思いで、
周りから見れば師弟のように見えるほど
指導も厳しかったんだとか。

 

しかし、小学校6年生の時に病気で急逝。

 

お父さん自身もなりたかったというプロ野球選手になる為、
そして母を楽させてあげる為に絶対にプロになるんだと
思っていたそうです。

 

天国のお父さんも、今の秋山選手の活躍を
本当に喜んでいるでしょうね。

 

秋山翔吾選手の結婚した奥さんは?子どもはいる?

秋山選手は既に結婚していまっす!
お相手は看護師をしていた鈴木彩香さん。

 

小学校時代からの幼なじみで、
高校時代から7年間の交際を経てのゴールインでした。

 

大学時代には遠距離恋愛となりましたが、
それでも二人は距離の壁も一緒に乗り越えたんですね。

 

遠距離恋愛って上手くいかない話をよく聞くので、
乗り越えた人は本当に凄いなと思います。

 

子どもも授かっており、2014年に長男が誕生しています。

 

まさに公私ともに絶好調ですな!

今シーズン、どこまで成績を伸ばせるか楽しみです。
来年の年俸も億に届いたりして?

 

このまま日本を代表する選手になっていってほしいです!

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。