気になるネタをパンチを打ち込むかのごとく、日々記録していきます

エージェンシーグラス感情コントロール不要眼鏡の販売日と価格は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エージェンシーグラスの価格はいくら?
sponsored link

自分の感情を表現するメガネ型装置が開発されているそうです。

 

その名も「エージェンシーグラス」!

 

エージェンシーの意味は代理とかそういう意味ですね。
開発をしているのは筑波大学の大澤博隆助教授だそうです。

 

感情をコントロールするのが不要というのはどういった事かというと、

自分がたとえ怒っていたとしても、
このメガネでは優しい眼差しを表現できるというものです。

sponsored link

怒りや優しさだけではなく、楽しんでいる様子や、
逆に興味がないような事も表現できるとか。

 

メガネのレンズ部分がスクリーンのようになっていて、
そこに人の目のデザインが表示されます。

 

このスクリーン部分は人感センサーと外部カメラに接続されていて、
様々な感情を表示させられるという仕組みになっているようですね。

 

実際にはどのような場面で使えるのか一例が上げられていましたが、

例えばキャビンアテンダントさんが、
横柄なお客さん相手でも笑顔で接しなければいけない時に

このエージェンシーグラスを使用することで、
心理的な負担を減らせるというわけです。

 

実際に相手の目を見ていない状態でも、
メガネ自体は相手と目が合っていますので、
嫌なお客さんと目を合わさずに済むということですね。

 

まだまだ試作品段階で、いつ販売されるかは不明とのこと。
現在のところは電池式で1時間使用できるようで、制作コストは3万円だそうです。

 

現時点で3万円かかっているということは、
今販売されたら価格はそれ以上になるということですね。

そんな高い金を払ってまでほしいかと言われれば微妙ですが^^;

まーこれからコストダウンなどで
もう少しリーズナブルになるのではと予想します。

 

感情をセットすることも可能なようで、
先に挙げたCAさんの例の他でも色々と使い道はありそうですね。

 

例えば、ポーカーなどの競技で
相手に自分の表情を探られないように
このメガネで感情をバレないようにするとか。

他には、本当はビビりまくっているけど、
超自信がある感情をセットして交渉事に望むとか?

 

実際に販売されて後には、

色んな使用体験談が聞けそうですね(・∀・)

楽しみです♪

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。