気になるネタをパンチを打ち込むかのごとく、日々記録していきます

足立の花火大会2015の日程!穴場スポットは?場所取りは何時から?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sponsored link

花火と音楽が奏でるハーモニーを楽しもう!
2015年もやってきます足立の花火大会

 

荒川の河川敷で観る花火はスターマイン、
名物のナイアガラ、小型煙幕など多彩な全4幕構成!

 

今年の日程は?雨の日も開催されるのか?
穴場のスポットなど気になる情報お届けしますー!

sponsored link

足立の花火大会2015の日程

足立の花火大会2015の開催日程は?

今年で第37回を迎える足立の花火大会
2015年の日程は

7月18日(土)
時間:19:30~20:30

となっています。

 

打ち上げる花火の数は約12,000発!

 

それが1時間の間に凝縮されて打ち上がりまくるので、
濃密で迫力を感じられる時間を過ごせますよ。

 

東京で最も早く開催される花火大会で
夏を感じまくりましょう!


昨年2014年の足立の花火大会。

やっぱり花火はいいですね!

雨天時・荒天時の開催は?

もし花火大会当日に荒天となった場合は
翌日の7月19日(日)に順延となります。

 

両日荒天となってしまった場合は
残念ながらそれ以降の延期はなく中止。

 

天気が悪い時は、足立区観光ウェブで開催かどうかを
チェックした方がいいですね。

URL:http://adachikanko.net/index.html

 

日頃の行いを良くして、晴れることを願いましょう(笑)

足立の花火大会の会場アクセス(地図)

開催場所は荒川の河川敷です。

アクセス
・JR常磐線・東京メトロ・東武スカイツリーライン
・つくばエクスプレスなどで→北千住駅。駅から徒歩15分

または、東武小菅駅・五反野駅・梅島駅からも徒歩15分

 

駐車場はないので、公共交通機関を利用しましょう。

足立の花火大会の穴場スポットは?

メインの観覧場所は北千住側ですが、
河川敷から打ち上がっているため、土手以外はあまり観覧できません。

 

ただ、対岸の河川敷では広々としています。

 

梅島から川を目指していけばよいでしょう。

 

西新井側からは、スカイツリーと花火のコラボも見れますからね。
オススメです。

 

少し距離は離れますが、その分密集している中心部よりは
人も少ない扇橋大橋付近もオススメ。

 

花火を正面から見れますし、そこまで上を見上げないので、
首もそこまで疲れず鑑賞できます。

 

例年の人出は40万人も集まりますし、
人混みのひどい所はマナーの悪い客が押してきたりして、
圧迫されて身の危険を感じるほどですからね。

 

せっかくの花火大会なので、気持よく楽しめる場所で
観覧したいところです。

 

そうそう、露店は出ないので、
会場で何か買って食べようと考えていた方は注意です。
事前に準備しておきましょう。

 

後、夏場なので虫除けスプレーもあると良いかもしれません。

場所取りは何時からならOK?

足立の花火大会は入場料・有料席などもなく、
無料で楽しめるのはいいところですよね。

 

ただ、その分場所取り争いはなかなか厳しいです(汗)

 

早い人であれば1,2週間前から動き出している人もいます。

 

会場近くでシートを広げてゆっくり座ってみたいのであれば
数日前か、遅くとも早朝には場所取りをしたいですね。

 

ただ、マナーが悪い人の中には、養生中の芝生に
スプレーをかけて色を付けて取っている人がいました。

足立の花火大会の場所取りはマナーを守って

こういった方法ではやめてくださいね。

 

そうそう、お金は払ってもいいから
どうしても人混みを避けてゆったり見たい!という方は
屋形船の上から観るツアーもありますよ!

 

料金の目安として、貸し切りの場合は、
最小人数30名からで、一人当たりの料金は税込み22,700円の所などが
ありました。

 

仲間内で集まれる方は、
船の上からの花火も優雅でいいですね!

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。