気になるネタをパンチを打ち込むかのごとく、日々記録していきます

金戸華のwikiと高校は?飛び込みエリート家族の経歴が凄すぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sponsored link

こんなに凄い一家がいたなんて!

 

将来が期待される飛び込みの
金戸華選手。

 

もちろん彼女自身についても注目なのですが、
そのお父さん、お母さん、そしてお爺ちゃん、おばあちゃんも
皆飛び込み選手で、凄い経歴をお持ちなんです!

 

更には妹も弟も飛び込みしてますからね。
一家全員飛び込みの家族って凄いですな(汗)

sponsored link

金戸華のwiki風プロフィール

金戸華のプロフィール画像

誕生日:1998年8月20日
出身:東京都
学歴:日出中学校→日出高等学校
インスタグラム:https://websta.me/n/hana_divingram

 

6歳から飛び込みを始めた金戸華選手は、
父親でコーチでもある恵太さんからエリート教育を受けます。

 

中学1年生で日本選手権に出場すると、
史上最年少で決勝進出!

 

2013年の国体では6位に入賞し、
同年カナダで開催された国際大会では
3m板飛び込み年齢別で見事優勝します!

 

日本オリンピック委員会が有望な中高生を育成する
エリートアカデミーに飛び込み競技が加わると、
金戸華選手も入校。

 

インターハイでは3位に入賞し、
夢のオリンピック出場へ向けてしっかりと実力を磨いています。

 

人生の中でも良い時期に東京オリンピックを迎えられるので、
チャンスを逃さないようにしたいと語っていた金戸華選手。
本当にその夢を叶えて欲しい!

父親も母親も祖父母も元オリンピック選手!

一家全員が飛び込み選手と書きましたが、
ただ選手だっただけではなく、なんと
オリンピック選手だったというから驚きです!

 

祖父の金戸俊介さん
1960年のローマオリンピック
1964年の東京オリンピック

歴代日本選手の中でもトップクラスに
フォームが美しいという評価があります。

 

祖母の金戸久美子さん(旧姓:渡辺久美子)
1960年のローマオリンピック出場
1964年の東京オリンピック出場

 

父親の金戸恵太さん
1988年のソウルオリンピック
1992年のバルセロナオリンピック
1996年のアトランタオリンピック

3大会連続でオリンピック出場!
バルセロナでは日本飛び込み界で56年ぶりの入賞を果たします(8位)。

現在は指導者として後進の育成をしています。

 

母親の金戸幸さん(旧姓:元渕幸)
1988年のソウルオリンピック
1992年のバルセロナオリンピック
1996年のアトランタオリンピック

夫と同じく3大会連続出場!
幸さんもアトランタオリンピックで6位入賞し、
女子飛び込み界で60年ぶりの快挙を果たします。

 

本当に圧巻の家族ですよね!

 

これで金戸華さんがオリンピックに出場したら
ギネス記録とかあるのかな?

 

親子3世代というのは結構あるかもしれませんが、
祖父、祖母、父親、母親、そして子どもがオリンピック出場というのは
なかなかないんじゃないかと思うんですが。

妹と弟も飛び込み競技をしています。

妹の金戸凜ちゃんも弟の金戸快君も
飛び込み競技をしています。

金戸華の家族

 

3きょうだいでオリンピック出場という事になれば
とてつもないですね!

 

金戸華選手と祖父母の動画

これを見ると、祖父母が出場していた東京オリンピックが
金戸華選手が絶好期の年齢で出られる時期に巡ってるって
本当に運命に感じます。

 

オリンピック出場はもちろん、
飛び込み界ではまだない、史上初のメダル獲得まで
頑張って欲しいです!

 

もう金戸選手の名前が金戸(ゴールド)に見えてきました!笑

 

ぜひ一番良い色のメダルが獲れますように。

応援しています!

sponsored link

こちらの記事もよく読まれています

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。